東京で使われているマイクロスコープ

subpage01

マイクロスコープは、東京はもちろん、全国で使われています。
マイクロスコープは、様々な分野で使われていますが、最近は歯科治療で使われることも多いです。人間が何か物を見る場合、0.2mmが限界だと考えられています。



ところが、歯科で行っている高度な治療では、ミクロン単位の正確な治療が要求されるのです。

マイクロスコープを使えば、より正確な作業ができるようになり、治療のレベルも向上するため、利用者が増えているのです。


最初は、眼科や耳鼻科で使われていましたが、その後心臓外科や脳神経外科でもマイクロスコープが使われるようになり、1990年代になると、歯科でも使われるようになったのです。
機器が高額なことや、まだまだ歴史が浅く、使いこなせる人が少ないことから、東京でも導入しているクリニックは多くありません。



しかし、東京で導入しているクリニックには、多くの患者が訪れています。


虫歯の治療であれば、虫歯の患部を高倍率で見ながら治療を行うことができるのです。歯の悪い部分だけを削り取ることができるため、歯の負担も少なくて済みます。
虫歯を削った部分をふさぐ段階でも、裸眼では確認できないような僅かな段差を見逃さず、正確な詰め物ができます。
丁寧で正確な治療を行うことで、その後の虫歯の再発を防ぐことができるわけです。
審美歯科治療では、特に高い精度が要求されますが、肉眼に頼る治療だと、限界があります。


しかし、マイクロスコープを利用すれば、高い精度の治療が可能となるのです。

wikipediaの有益な情報の紹介です。

難しくない医療

subpage02

マイクロスコープは東京で歯科治療を受けるときに、クリニックに備わっているか確かめてから出かけることが大切です。細かな作業をするときに絶対に必要であり、備わっていないと治療が長引いたり、再発する可能性が出てくることもあります。...

NEXT

医療コラム

subpage03

今、歯科治療で注目を浴びている機器が、マイクロスコープです。肉眼では見ることができない、微細な口腔内の状態を、正確に把握することができます。...

NEXT

知っておきたい常識

subpage04

歯科医院に行くと椅子に座らせられます。治療のために背もたれを倒し、口を開けて、頭上にある照明で口内を照らします。...

NEXT

身に付けよう

subpage04

歯の治療をしても、腫れや痛みがいつまでも治らず、悩む場合があります。それは、歯の中に感染をした部分が残っている場合があるからです。...

NEXT