歯科用マイクロスコープは同軸照明

subpage01

歯科医院に行くと椅子に座らせられます。

Reutersの有益情報にあふれているサイトです。

治療のために背もたれを倒し、口を開けて、頭上にある照明で口内を照らします。全体的に明るくなった状態から医師がデンタルミラーを使って歯に明かりを当てて診察を行います。
多くに歯科医院がデンタルミラー越しに映る歯を観察しながら多くの器具を用いて治療を進めます。
同時に複数の作業を行う必要があります。歯科用のマイクロスコープを使えば、歯を照らす作業が不要です。

マイクロスコープは、対象物の像を拡大して観察することができる顕微鏡部分と対象物に明かりを当てる照明機構を持っています。

照明は、顕微鏡部分に導かれて医師が見ている方向と同じ軸で明かりを供給します。医師は、観察している対象物が常に明るく照らされていることになります。



もう口内全体を照らすようなものは不要です。必要な分だけ明かりを使って見ることができます。



また、顕微鏡の拡大機能で対象物である歯の像を大きく見ることができます。


反射の具合から虫歯の状態を確認したり、削り具合を確かめながら治療を続けることができます。

マイクロスコープには、医師が見ている状況を同じものをモニターに映すこともできます。サポートするアシスタントにも治療している部分が見えます。治療をより効率良く行うために器具の受け渡しや口内の処理を行うこともできます。

マイクロスコープを使うと治療に関わる人が同じ情報を共有できるので安全性や効率が向上します。