歯科領域で使われているマイクロスコープ

subpage01

歯の治療をしても、腫れや痛みがいつまでも治らず、悩む場合があります。

それは、歯の中に感染をした部分が残っている場合があるからです。
今までの歯科治療の中には、歯根の奥など、目に見えない部分は経験と勘で治療を行う場合がありました。
最近導入が進んでいる歯科用マイクロスコープは眼科や脳神経外科で手術用に使われていた手術用顕微鏡を歯科用に転用したものです。
歯科用マイクロスコープは、光が、深いところまで届き20倍まで拡大できるので、歯の状態を確認しながら治療できるので、治療の成功率があがり、今までより歯の寿命を延ばすことができます。

今までの経験と勘による治療では、分からなかった、感染をしてそのまま残っている部分がこのマイクロスコープを使う事により、歯の隅々まで確認できるので、確実に原因を取り除くことができ、治療の成功率が上がってきています。マイクリスコープを使う事により、歯の削る部分と削ってはならない部分もよくわかりますし、外科処置後の傷口を小さくでき、傷口を縫う糸も細い糸を使う事ができますので、細菌が付きにくく、痛みや腫れも小さくなります。

東京のマイクロスコープの情報はここで調べよう。

さらに歯に被せ物をする場合に、歯を削ったり、被せたり、接着する時、より細かい作業ができるので、歯の寿命が延びます。

エキサイトニュースの詳細はこちらで簡単に調べられます。

さらに、治療前後の状態を写真やビデオで確認できるため、今後の治療に役立ちます。
今後のマイクロスコープの治療では、歯の根幹治療やできるだけ削らない虫歯治療や歯石を取り除く歯周病治療や高度なインプラント治療やセラミック治療ができることになります。


ただ、マイクロスコープ治療は高度なテクニックが必要で、自費診療が多く、時間もかかります。



自分の葉を大切にしたいと考えているならば、かかりつけの歯科医に相談をしてみるといいでしょう。